So-net無料ブログ作成

アーキビストの資格認定日本でも開始!! [資格]

NHKのニュースを見た父が気にしていましたので、
きっと他にも気になる方がみえると思いましたし、
マサキも気になりましたので、アーキビストについて
紹介していこうと思います。(。≧ω≦。)ノ


書類 0001.jpg


突然ですけど、アーキビストの意味って
知っています?

マサキは全くわかりませんでしたし、
こんな言葉の存在すら知りませんでした。

アーキビストとは、2013年を振り返った時に
必ず話題の1つに挙げることができるであろう
特定秘密保護法にも関連してくる話です。

どういうことかというと、
アーキビストは、公文書の保存や公開の
専門家になるからです。@^-^@





特定秘密保護法で情報公開の在り方が
社会の関心事の1つになってきている
昨今の日本でもようやく資格の認定
始まったとのことです。

このことがきっかけになって、
日本での公文書管理制度の充実につながって
いくことが期待されているそうです。

まぁ、外国と比較するとこの分野では
かなりの遅れをとっている日本では、
期待されるのもよくわかります。

国立公文書館の常勤の職員数を比較しても、
アメリカが2671人なのに対して、
日本では45人と言いますから、
専門的な人員の不足は誰の目にも明らかです。

しかも、日本ではアーキビストが専門職として
必ずしも確立していないのが実情です。




資格に関する本をAmazonで探す


そのため、文書管理の専門家で組織する
“日本アーカイブス学会”がアーキビストの
資格を独自に認定する制度を導入しました。


資格 0001.jpg


今年、初めて38人が登録アーキビスト
認定されました。日本アーカイブス学会では、
日本の公文書管理をアメリカ並みにしたいという
目標を掲げているそうです。

アーキビストに興味のある方は、
↓のリンクから“日本アーカイブス学会”の
サイトにいってみて下さいネ。¥^-^¥


日本アーカイブス学会のサイトにGO!!


今後、多くのアーキビストが排出され、
公文書管理の制度の充実につながって
いってほしいものです。

すったもんだの挙句に、
成立した特定秘密保護法の事も
ありますので、さらにこのアーキビストには
期待が高まっていくのではないでしょうか。





それでは、また。☆^(*・ω・)ノ~~~βyёβyё♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます